トップ  >  リファレンス  >  カスタムインジケータ
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
カスタムインジケータ



カスタムインジケータの作成に使用する関数です。
EAとスクリプトで使用出来ません。

但し、HideTestIndicators()関数はEAで使用します。

関数 詳細
HideTestIndicators EAで呼び出されるインジケータ非表示フラグを設定します
IndicatorSetDouble インジケータプロパティ値(double)を設定します
IndicatorSetInteger インジケータプロパティ値(int)を設定します
IndicatorSetString インジケータプロパティ値(string)を設定します
SetIndexBuffer 指定したインジケータバッファに配列データをバインドします
IndicatorBuffers 使用するカスタムインジケータバッファのメモリ割り当てを行います
IndicatorCounted インジケータ起動後に変化していないバー数を返します。
IndicatorDigits チャート上のインジケータ値の精度フォーマットを設定します
IndicatorShortName インジケータの短縮名を設定します。
データウインドウとチャートサブウィンドウに表示されます。
SetIndexArrow インジケータライン(DRAW_ARROW)のシンボルを設定します
SetIndexDrawBegin インジケータラインの描画開始設定
SetIndexEmptyValue インジケータ描画データのクリア
SetIndexLabel インジケータラベル設定
SetIndexShift インジケータをオフセット描画します
SetIndexStyle インジケータの描画スタイル(タイプ・色・幅等)を設定します
SetLevelStyle サブウインドウの水平レベル描画スタイルを設定します。
SetLevelValue サブウインドウに描画する水平レベルの値を設定します


インジケータプロパティの設定はコンパイラ指示(#property indicator_xxxxxxx)で設定する事も出来ます。


カスタムインジケータで必要な計算は、OnCalculate()関数内で行う必要があります。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system