トップ  >  リファレンス  >  配列関数  >  ArrayRange
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ArrayRange


ArrayRange


選択した次元配列の要素数を返します。

関数書式:
int  ArrayRange(
   const void&   array[],      // チェックする配列
   int           rank_index     // チェックする次元インデックス
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
array[] - In チェックする配列
rank_index - In チェックする次元インデックス
(要素数のインデックスでは無い)


■戻り値
選択した次元配列の要素数を返します。


■備考
インデックスは0から始まりますので、最後の次元配列のインデックスは配列の次元数より1つ小さくなります。


サンプルソース:
#property strict

void OnInit(){
    double array[][5][2][4];  // 4次元配列を宣言

    ArrayResize(array,10,10); // 動的配列のサイズを変更

    PrintFormat("1次元配列の要素数 = %d",ArrayRange(array,0));
    PrintFormat("2次元配列の要素数 = %d",ArrayRange(array,1));
    PrintFormat("3次元配列の要素数 = %d",ArrayRange(array,2));
    PrintFormat("4次元配列の要素数 = %d",ArrayRange(array,3));
}


結果:
1次元配列の要素数 = 10
2次元配列の要素数 = 5
3次元配列の要素数 = 2
4次元配列の要素数 = 4



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system