スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ビットマップ:OBJPROP_BMPFILE


ビットマップ:OBJPROP_BMPFILE


ビットマップオブジェクト






■備考
ビットマップラベルは画像の表示範囲を選択する事が出来ます。



サンプルソース:
void OnInit() {
    string obj_name = "testobj";
    int    chart_id = 0;
    
    ObjectsDeleteAll();                                                // オブジェクト全削除

    ObjectCreate(chart_id,obj_name,                                     // オブジェクト作成
                 OBJPROP_BMPFILE,                                       // オブジェクトタイプ
                 0,                                                       // サブウインドウ番号
                 Time[0] + (Period()*60*3),                               // 1番目の時間のアンカーポイント
                 Close[0]                                                 // 1番目の価格のアンカーポイント
                 );
    
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_BACK,false);            // オブジェクトの背景表示設定
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_SELECTABLE,false);     // オブジェクトの選択可否設定
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_SELECTED,false);      // オブジェクトの選択状態
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_HIDDEN,true);         // オブジェクトリスト表示設定
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_ZORDER,0);            // オブジェクトのチャートクリックイベント優先順位


    ObjectSetString(chart_id,obj_name,OBJPROP_BMPFILE,"\\Include\\Controls\\res\\CloseOn.bmp");            // BMPファイル設定

    // 可視範囲起点オフセット(全体表示する場合は0を指定します)
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_XOFFSET,5);            // 可視範囲起点X軸オフセット
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_YOFFSET,5);            // 可視範囲起点Y軸オフセット
    // 可視範囲(全体表示する場合は0を指定します、指定範囲がBMPサイズを超過した場合描画されません)
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_XSIZE,10);            // 可視範囲X軸
    ObjectSetInteger(chart_id,obj_name,OBJPROP_YSIZE,10);            // 可視範囲Y軸

}


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system