トップ  >  リファレンス  >  トレードシグナル  >  SignalBaseSelect
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
SignalBaseSelect


SignalBaseSelect




関数書式:
bool  SignalBaseSelect(
   int     index     // シグナルインデックス
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
index - In トレードシグナルのシグナルインデックス



■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
失敗した場合はfalseを返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。



■備考
無し


サンプルソース(スクリプト)
#property strict
#property script_show_confirm

void OnStart(){
    int total = SignalBaseTotal(); // ターミナルで利用可能なシグナル数を取得
    bool sel_bool;

    if ( total > 0 ) {
        for(int i=0; i < total ;i++) {
            sel_bool = SignalBaseSelect(i); // シグナル選択
    
            if ( sel_bool == true ) {
                Print("インデックス    :",i);  
                Print("シグナルID      :",SignalBaseGetInteger(SIGNAL_BASE_ID));
                Print("損益[pips]      :",SignalBaseGetInteger(SIGNAL_BASE_PIPS));
                Print("購読数          :",SignalBaseGetInteger(SIGNAL_BASE_SUBSCRIBERS));
                Print("シグナル名      :",SignalBaseGetString(SIGNAL_BASE_NAME));
                Print("シグナル購読価格:",SignalBaseGetDouble(SIGNAL_BASE_PRICE));
            }
        }
    } else {
        Print("ターミナルで利用可能なシグナルは有りません");
    }
}





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system