トップ  >  リファレンス  >  チャート操作
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
チャート操作



チャート操作する為の関数です。
チャート操作はEAとスクリプトでのみ許可されています。

チャートプロパティ定義はチャート変更コマンド送信する為に使用します。
これらの関数が正常に実行された場合、コマンドはチャートイベントの共有キューに含まれます。
チャートイベントキューを処理する時にチャートが変更されます。

従って、これらの関数を呼び出した後にチャートが直ぐに視覚的な変更が行われない事があります。
通常、チャートはターミナルの変更イベント(新しいtick受信やチャートウインドウサイズを変更する等)によって自動的に更新されます。
強制的にチャートを更新するはChartRedraw()関数を使用します。


関数 詳細
ChartApplyTemplate 指定したファイルのテンプレートをチャートに適用します
ChartSaveTemplate 指定した名前でチャート設定のテンプレートを保存します
ChartWindowFind インジケータが描画されるサブウインドウの数を返します
ChartTimePriceToXY 時間・価格値をX・Y座標に変換
ChartXYToTimePrice X・Y座標を時間・価格値に変換
ChartOpen 指定した通貨ペア・時間軸の新しいチャートを開きます
ChartFirst クライアントターミナルの最初のチャートのIDを返します
ChartNext 指定したチャートIDの次のチャートIDを返します
ChartClose 指定したチャートを閉じます
ChartSymbol 指定したチャートの通貨ペア名を返します
ChartPeriod 指定したチャートの時間軸を返します
ChartRedraw 指定したチャートを強制的に再描画します
ChartSetDouble 指定したチャートのプロパティ値を設定(double)
ChartSetInteger 指定したチャートのプロパティ値を設定(int)
ChartSetString 指定したチャートのプロパティ値を設定(string)
ChartGetDouble 指定したチャートのプロパティ値を取得します(double)
ChartGetInteger 指定したチャートのプロパティ値を取得します(int)
ChartGetString 指定したチャートのプロパティ値を取得します(string)
ChartNavigate 指定したチャートをシフトします。
ChartID チャートIDを返します
ChartIndicatorDelete チャートウインドウから指定したインジケータを削除します
ChartIndicatorName 指定したチャートウインドウの指定したインジケータリストのインジケータ名(短縮名)を返します
ChartIndicatorsTotal 指定したチャートウインドウのインジケータ数を返します
ChartWindowOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のサブウインドウ番号を返します
ChartPriceOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標の価格を返します
ChartTimeOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のオープン時間を返します
ChartXOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のX軸座標を返します
ChartYOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のY軸座標を返します
ChartSetSymbolPeriod 指定した通貨ペア・時間軸にチャート変更します
ChartScreenShot 指定したチャートのスクリーンショットをgif形式で保存します
Period 現在チャートの時間軸を返します
Symbol 現在チャートの通貨ペア名を返します
WindowBarsPerChart チャート上の表示バー量を返します
WindowExpertName 実行中のEA,スクリプト,カスタムインジケータ,ライブラリの名前を返します
WindowFind 指定したインジケータを含んでいるウインドウインデックスを返します
WindowFirstVisibleBar チャートウインドウに最初(最も古い)に表示されているバーインデックスを返します
WindowHandle チャートウインドウのシステムハンドルを返します
WindowIsVisible チャートのサブウインドウの表示フラグを返します
WindowOnDropped EA、スクリプト、カスタムインジケータをドロップしたウインドウインデックスを返します
WindowPriceOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標の価格を返します
WindowTimeOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のオープン時間を返します
WindowXOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のX軸座標を返します
WindowYOnDropped EA、スクリプトをドロップした座標のY軸座標を返します
WindowScreenShot 現在のチャートのスクリーンショットをgif,bmp,png形式で保存します
WindowsTotal チャート上の表示ウインドウ合計数を返します
WindowRedraw 現在チャートを強制的に再描画します
WindowPriceMax 現在チャートの指定したサブウインドウの垂直スケールの最大値を返します
WindowPriceMin 現在チャートの指定したサブウインドウの垂直スケールの最小値を返します


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system