スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
描画スタイル


SetIndexStyle()関数で、以下の描画スタイルを指定します。
ID 詳細
DRAW_LINE 0 線を描画
DRAW_SECTION 1 セクションを描画
DRAW_HISTOGRAM 2 ヒストグラムを描画
DRAW_ARROW 3 矢印を描画
DRAW_ZIGZAG 4 奇数と偶数のインジケータバッファ間のセクションを描画
DRAW_NONE 12 描画しない


SetLevelStyle()関数で描画スタイルを指定します。
ENUM_LINE_STYLE列挙の値で指定します。

ENUM_LINE_STYLE
ID 詳細
STYLE_SOLID 0 実線
STYLE_DASH 1 破線
STYLE_DOT 2 点線
STYLE_DASHDOT 3 破線と点線
STYLE_DASHDOTDOT 4 破線と2重点線



描画スタイルはOBJPROP_STYLEプロパティで設定/取得出来ます。
カスタムインジケータを作成する時は、上記で指定されている値を指定します。

カスタムインジケータで複数の描画スタイルを使用する事が出来ます。

描画スタイルで表示するには、描画に必要なデータを格納するグローバル変数配列が必要になります。
このグローバル変数配列はSetIndexBuffer()関数を使用して、インジケータバッファに指定する必要があります。
スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system