トップ  >  リファレンス  >  基本  >  プリプロセッサ  >  インクルード
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
インクルード


#includeコマンドラインは、プログラム内のどこにでも配置出来ますが、
通常はソースコードの先頭に配置します。


書式:
#include <ファイル名>
#include "ファイル名"




サンプルソース:
#include <WinUser32.mqh> // 標準ディレクトリのファイルをインクルード
#include "mylib.mqh"     // 現在ディレクトリのファイルをインクルード



プリプロセッサは、#include<WinUser32.mqh>の行を、WinUser32.mqhに置き換えます。
山括弧(<>)はWinUser32.mqhファイルを標準ディレクトリ(通常はターミナルディレクトリ\MQL4\Include)から取得する事を意味します。
現在のディレクトリからは取得しません。

引用符("")はmylib.mqhを現在のディレクトリから取得する事を意味します。
管理人の勝手なコメント:
ターミナルディレクトリは通常MT4をインストールしたフォルダになりますが、
システムによってはインストール先では無くローミングフォルダを参照している場合があります。
MT4を起動して「ファイル」⇒「データフォルダを開く」を選択すると、標準ディレクトリが開かれますので、
対象フォルダにデータがあるのに上手くいかない場合は標準ディレクトリの位置を確認してみて下さい。
スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system