トップ  >  リファレンス  >  日付と時間  >  TimeCurrent
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
TimeCurrent


TimeCurrent


最後に受信したサーバー時間を返します。
これは「気配値表示」ウインドウで選択した通貨ペアのクォートを最後に受信した時間です。

OnTick()ハンドラで呼び出した場合は、tick受信した時間を返します。
他のケース(OnInit()関数, OnDeinit()関数, OnTimer()関数 )では、
「気配値表示」ウインドウで使用可能な通貨ペアの最後のクォート受信時間(「気配値表示」ウインドウのタイトルに表示されている時間)になります。

時間の値はトレードサーバー上で形成されるので、ローカルPC上の時刻設定に依存しません。

関数のバリアントは2種類あります。

関数書式(引数無し):
datetime  TimeCurrent();


関数書式(MqlDateTime型の引数):
datetime  TimeCurrent(
   MqlDateTime&  dt_struct      // 構造体型変数
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
dt_struct - Out MqlDateTime構造体型の変数


■戻り値
datetime型で時間を返します


■備考
MqlDateTime型の変数を引数として渡した場合は、それに応じて設定されます。

高分解能のカウンターとタイマーを設置するにはmsec単位で値を生成するGetTickCount()関数を使用します。

ストラテジーテスター
のテスト中において、TimeCurrent()の時間はテスト中のヒストリーデータに応じてシミュレートされます。



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system