トップ  >  リファレンス  >  基本  >  処理
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
処理


タスクを実行する為のいくつかアルゴリズム演算を記載します。
プログラム本体はそのような演算の連続です。
連続している一つ一つの処理はセミコロン(;)によって区切られます。

処理文 処理の種類 概要
{ } 重文処理 1つ以上の様々な演算は中括弧{}で囲みます
; 式の終わり セミコロンによって式の終了を意味します
return 関数の終了 現在の関数を終了し、呼び出し元のプログラムに戻ります
if else 条件判定 条件判定が必要な時に使用します
?: 三項演算処理 if elseを単純にした物
switch 選択処理 複数の処理から、式の値と一致する処理を行う
while ループ処理 while式の値がfalseになるまで処理を繰り返し実行します。
式はループ処理の前に判定します。
for ループ処理 for式の値がfalseになるまで処理を繰り返し実行します。
式はループ処理の前に判定します。
do while ループ処理 while式の値がfalseになるまで処理を繰り返し実行します。
式はループ処理の後に判定します。
ループ処理は必ず1回実行されます
break ループ終了 最も近くにある外側のループ処理(for,do while , while)
から抜けます
continue 次のループ 最も近くにある外側のループ処理(for,do while , while)
の次のループ処理を呼び出します
new クラスオブジェクト作成 クラスオブジェクトを作成します
delete クラスオブジェクト解放 new演算子によって作成されたオブジェクトを削除します


1つの処理は複数行に渡って書く事が出来ます。
2つ以上の処理を同じ行に書く事も出来ます。
実行命令を制御する処理(if,if else,swithc,while,for)はネストする事が出来ます。
スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system