トップ  >  MQL4リファレンス  >  MQL4リファレンストップ
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
MQL4リファレンスツリー
MQL4リファレンストップ



メタ―クォーツ言語4(MQL4)は、プログラミングトレーディングストラテジーの為の組込み言語です。
この言語はメタクォーツソフトウェア株式会社によって開発されました。
オンライン取引プラットフォーム構築での豊富な経験に基づいています。

この言語を使用して、エキスパートアドバイザー(EA)を作成する事が出来ます。
EAは取引マネージメントを自動化し、独自のトレーディングストラテジーを実現する事に適しています。

またMQL4は独自のテクニカルインジケータ(カスタムインジケータ)・スクリプト・ライブラリを作成する事が出来ます。


MQL4は、現在または以前受信したクォート解析する為に必要な多数の機能があります。
また基本的なインジケータや取引注文を管理・制御する機能もあります。

メタエディターはプログラムコードを書くために使用され、MQL4言語の異なる構造を強調表示します。


MQL4言語で書かれたプログラムは、様々な機能と目的を持っています。


プログラミング未経験者の人は、まず最初に"自作してみる"のページを見て下さい。
未経験者にも分かるように基本的な事から順に解説しています。

MQL4プログラム 詳細
エキスパートアドバイザー
(EA)
EAは特定のチャートにリンクアップする自動取引システムです。
EAはイベント発生時に処理を実行します。
EAファイルは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Experts"ディレクトリに保存されます。
カスタムインジケータ カスタムインジケータはユーザーが独自に作成するテクニカルインジケータです。
既存のインジケータと同様に自動売買が出来ません。
分析機能を実現する為に使用します。
カスタムインジケータファイルは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Indicators"に保存されます。
スクリプト スクリプトは1回だけ処理を実行する為のプログラムです。
EAと異なり、スクリプトはstartイベント以外の任意のアクションは処理しません。
スクリプトファイルは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Scripts"に保存されます。
ライブラリ ライブラリは頻繁に使用するカスタムプログラムブロックを含んでいるカスタム関数のセットです。
ライブラリ単体では処理を実行する事は出来ません。
ライブラリファイルは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Libraries"に保存されます。
インクルードファイル インクルードファイルは頻繁に使用するカスタムプログラムブロックのソーステキストです。
このファイルはコンパイル段階で、EA・スクリプト・カスタムインジケータ・ライブラリのソーステキストに含める事が出来ます。
ライブラリを使用した場合、ライブラリ関数の呼び出しによる負荷が発生する為、
インクルードファイル使用の方が好ましいです。
インクルードファイルは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Include"に保存されます。


調べたい個別の内容は左のMQ4リファレンスツリーかリファレンスメニューから選んで下さい。


Build 600バージョンから、MQL4言語は完全にMQL5レベル相当に変更されました。
詳細はBuild 600でのMQL4更新参照。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお~ All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system